HOME>トピックス>ビギナーでも失敗が少ない、寄せ植えにもおすすめな植物

失敗が少なくてずぼらな人でも大丈夫

多肉植物

多肉植物といえば、個性的な形や色があり種類も豊富です。見た目もかわいいので人気です。育て方も意外と簡単で初心者にも失敗が少ない植物です。 多肉植物には成長期と休眠期があるのでその時には場所を変えたり手入れを変えれば上手く育てる事が出来ます。 多肉植物には春と秋に成長する物があります。これらは風通しの良い日向においてあげましょう。冬場は日当たりが良い室内に置くのがベストです。成長期は土が乾燥したら多めに水を与えます。休眠期には水やりは必要ありません。 夏に成長する物もあり冬から初春にかけてが休眠期になります。夏から秋にかけて風通しの良い日向に置き、休眠期は日当たりの良い室内に置きます。

ビギナー向けの種類

多肉植物

失敗したくない初心者にも育てやすい種類はエケベリアです。見た目は花の様にも見える株です。色も赤紫やブルーがかった物など種類が豊富です。日の当たる室内や屋外に置いて育てます。 セダムもおすすめです。小さな葉が特徴で色々なカラーがあります。寄せ植えにする時に組み合わせやすい種類です。  多肉植物は乾燥した場所に自生する植物です。水やりは成長期には多く必要です。それが過ぎればたとえ土の表面が乾いていてもすぐに水やりは必要ありません。乾いてから1週間ぐらい後にすれば大丈夫です。育て方で注意しなければいけないのは水のやりすぎです。 また多肉植物の土は専用の土を使います。普通の植物用の赤土などは水分が多く、乾燥を好む多肉植物には向いていません。水はけを良くするために鉢には底石を入れます。 多肉植物は育てやすいので初心者にもおすすめです。

広告募集中